美容室の色々なサービスについて

20代になったら紫外線のダメージを回復できなくなる

20代になったら紫外線のダメージを回復できなくなる

紫外線は肌に強いダメージを与えるタイプBと量は多いけど比較的ダメージの少ないタイプAがあります。タイプAは日焼けを起こしメラニンを作るといった紫外線に代表される影響を与えます。紫外線で特に気を付けないといけないのはタイプBの方で、こちらは皮膚がんやシワを作る等の影響があります。外で畑仕事を行なっている人の目尻には深いシワができることが良くあります。このシワは治療でも簡単には治すことが出来なくて深く刻まれていってしまいます。これは紫外線のタイプBの持つ影響で作られるシワです。紫外線タイプBが肌に当たると肌からは水分がなくなってしまいます。またタイプBは角質層を通りぬけて真皮層にまで到達してしまいます。真皮層ではコラーゲンが潤いや弾力を生み出しているのですが、タイプBの紫外線があたるとコラーゲンの繊維は断ち切られて肌がまともに再生できなくなってしまいます。年齢とともに肌の修復力は低下していきますので紫外線によって壊されてしまった肌は回復できなくなってしまいます。こうして修復することが出来ないようなシワが作られていくというわけです。紫外線に当てられても自然に回復できるのは10代まで、20代になったら紫外線のダメージを回復させるほどの修復力が肌からは失われていきます。紫外線の強い季節に外出するときには特に紫外線の影響を意識して肌を守ってあげるようにしましょう。またしっかりとしたケアを行なっていくことで肌に水分を補給してあげてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ