具体的に場所を伝えるのが難しい

具体的に場所を伝えるのが難しい

具体的に場所を伝えるのが難しい

痒い所を聞かれた時に、実際に痒いところがあったとしてもその場所を伝えるのが難しい、と言う人もいます。場所によっては「襟足」とか「耳の後ろ」とかという言い表しやすい場所もありますが、実際にもうちょっとマッサージしてほしい、と思っている場所がそんなに簡単な場所ではない場合の方が多いですよね。そういう時にシャンプーをしている状態でなければ、指でさして「ここをお願いします」と言えますが、シャンプー台に乗せられて、実際にシャンプーの泡がたくさんついている状態で、痒い所を指でさすのは、難しくはないですか?的確に指で刺そうとすると、おそらく泡の中に指を突っ込まなくてはならなくなりますよね。もしそうしたとして、その泡だらけになった指をそれからどうすればよいのだろう?なんて余計な心配をしてしまいそうです。痒いところはあるけれども、どうやって説明しよう?と考えているうちに、「まあいいか、そんなに痒い訳でもないし」と思ってしまって、結局「大丈夫です」と答えるしかなかった、と言う人もいるようです。もっとも美容師さんに言わせればそんなにピンポイントに言わなくても大体の所を教えてもらえれば、その付近を動かしながら重点的にマッサージするので、きっと痒い所にあたるはず、と言う事のようです。美容師 求人 柏ではその辺の対応についてはきちんとしていると聞いたことがあります。これもプロとしての意識なのでしょうね。


ホーム RSS購読 サイトマップ